お手入れについて
ホームクリーニングが可能なREGINAのお洋服を、 より永く美しく着ていただくためのお洗濯方法や、 アイロン仕上げのコツをご紹介させていただきます。
弊社推奨洗濯方法

洗濯機でふんわり仕上げ


img
手洗い可

▼ ご用意いただくもの

おしゃれ着用洗剤必 須
(エマール / アクロン等)
洗濯ネット必 須
(100 円ショップの物でもOK!)
※通常の洗濯用洗剤は洗浄力が高く、場合により繊維を傷める可能性がある為、おしゃれ着用洗剤が必須です。
柔軟剤あると便利(さらにふんわりと!)
おしゃれ着洗い用の洗剤には「柔軟剤入り」の物もございますが、一緒にご使用いただくことでさらにふんわりと仕上がります。
img
お洗濯方法
たたむ
まずはお洋服をキレイにを畳んでいただき、後でお洋服が絡んだり型崩れしませんよう、優しく洗濯ネットに入れます。
※目立つ汚れがある場合には、汚れた面が表になるように入れると効果的です。

コースを選ぶ
洗濯機に入れ、弱水流で洗えるモード(ドライコース・おしゃれ着コース等)を選びます。

洗剤を入れる
ご用意いただいた「おしゃれ着用洗剤(+さらにふんわり仕上げにする場合には柔軟剤)」を入れます。

干す
脱水が完了いたしましたら、裏返してから風通しの良い場所で干して下さい。

お洋服をより長持ちさせる裏ワザ


img

基本に洗濯機のドライコースやおしゃれ着コースの全自動でもキレイに仕上がりますが、よりお洋服を長持ちさせる為の裏技がございます。 それは、「脱水時間を10〜20秒ほどで止めること」水分量が多いままなので、取り出す際に重く、タライも必要になりますが、お洋服へのダメージを最低限に抑えられるので、 ほんのひと手間でより長持ちをさせることが出来る、おすすめのお洗濯テクニックです。

最後に、ふんわりアイロン仕上げのコツ


img
アイロンのかけかた

この表記がある場合は、「底面温度110℃を限度としてアイロン仕上げができる」お洋服ですので、必ず低温設定でのアイロン仕上げをお願い致します。 さらにスチームを使い、アイロンを浮かせることで、よりふんわりと仕上げることが出来ます。


細かな箇所から
広い面からかけると、次の面をかける場合に元の面にシワが…。そんな事態を避けるため、細かな部分からかけるのが基本です。

利き手でかけて、片方で引っ張る
利き手でアイロンをかけつつ、反対の手では縫い目を軽く引っ張ったり、面を移動させていくのがふんわり仕上げのコツです。

たたむ前に時間を置く
アイロン直後はまだ蒸気がこもっていますので、すぐにたたむと新たなシワに…。数分間、ハンガーに掛けてから熱を逃しましょう。

ワンピースを、さらにふんわり!


img

ハンガーに掛けて、スチームアイロンの蒸気のみで仕上げるテクニックです。 トップス部分からゆっくりと、服を伸ばしつつスチームをしていきます。スカート部分は広げてスチームを当てるのがコツです。 タックやギャザー部分は、アイロンの先をすべり込ませるようにスチームを当てるとシワがキレイに取れます。


あると便利なアイロンミトン!

スカート部分などの広い面には、スチームだけじゃ無く、アイロン面も当てるとさらにキレイにシワが取れます。 そこで、ハンガー掛けをしたまま楽にシワを伸ばすのに便利な、アイロンミトン(100円ショップにもございます)がおすすめです。 ご面倒とは思いますが、ほんのひと手間がお洋服を長持ちさせるコツですので、ヤケドなどのお怪我に気をつけてぜひチャレンジしてみて下さい。

家庭用品品質表示法・
家庭洗濯等取扱い表示記号のご説明


▼ 洗濯の仕方
img 液温は、95℃を限度とし、洗濯機で通常の洗濯処理ができる。 img 液温は、70℃を限度とし、洗濯機で通常の洗濯処理ができる。
img 液温は、60℃を限度とし、洗濯機で通常の洗濯処理ができる。 img 液温は、60℃を限度とし、洗濯機で弱い洗濯処理ができる。
img 液温は、50℃を限度とし、洗濯機で通常の洗濯処理ができる。 img 液温は、50℃を限度とし、洗濯機で弱い洗濯処理ができる。
img 液温は、40℃を限度とし、洗濯機で通常の洗濯処理ができる。 img 液温は、40℃を限度とし、洗濯機で弱い洗濯処理ができる。
img 液温は、40℃を限度とし、洗濯機で非常に弱い洗濯処理ができる。 img 液温は、30℃を限度とし、洗濯機で通常の洗濯処理ができる。
img 液温は、30℃を限度とし、洗濯機で弱い洗濯処理ができる。 img 液温は、30℃を限度とし、洗濯機で非常に弱い洗濯処理ができる。
img 液温は、40℃を限度とし、手洗いによる洗濯処理ができる。 img 洗濯処理はできない。
▼ 乾燥の仕方【タンブル乾燥】
img 洗濯処理後のタンブル乾燥処理ができる。高温乾燥:排気温度の上限は最高80℃ img 洗濯処理後のタンブル乾燥処理ができる。低温乾燥:排気温度の上限は最高60℃
img 洗濯処理後のタンブル乾燥処理はできない。
▼ 乾燥の仕方【自然乾燥】
img つり干し乾燥がよい。 img 日陰でのつり干し乾燥がよい。
img ぬれつり干し乾燥がよい。 img 日陰でのぬれつり干し乾燥がよい。
img 平干し乾燥がよい。 img 日陰での平干し乾燥がよい。
img ぬれ平干し乾燥がよい。 img 日陰でのぬれ平干し乾燥がよい。
▼ アイロンのかけ方
img 底面温度 200℃を限度としてアイロン仕上げ処理ができる。 img 底面温度 150℃を限度としてアイロン仕上げ処理ができる。
img 底面温度110℃を限度としてスチームなしでアイロン仕上げ処理ができる。 img アイロン仕上げ処理はできない。
▼ 漂白の仕方
img 塩素系及び酸素系漂白剤による漂白処理ができる。 img 酸素系漂白剤による漂白処理ができるが、塩素系漂白剤による漂白処理はできない。
img 漂白処理はできない。
▼ クリーニングの種類【ドライクリーニング】
img パークロロエチレン及び石油系溶剤によるドライクリーニングができる。 img パークロロエチレン及び石油系溶剤による弱いドライクリーニングができる。
img 石油系溶剤によるドライクリーニングができる。 img 石油系溶剤による弱いドライクリーニングができる。
img ドライクリーニング処理ができない。
▼ クリーニングの種類【ウェットクリーニング】
img ウェットクリーニングができる。 img 弱い操作によるウェットクリーニングができる。
img 非常に弱い操作によるウェットクリーニングができる。 img ウエットクリーニング処理はできない。
▲ トップに戻る